家電&雑貨購入記

当たるも八卦・・・。

温水洗浄便座が壊れて 東芝クリーンウォッシュ SCS-S300 に買い替え

time 2012/12/20

奥さんから、トイレのタンク下に水が少し溜まってるので見てみてとの依頼。
・・・たしかに小さな水たまりが出来てる!(汗) でもタンクの水を流してみても水漏れしてる気配はない。そこで使ってるINAXのシャワートイレの着座センサーを塞いで「おしり洗浄」ボタンを押してみた。手でノズルから噴射される水を抑えながら下まわりを見るのがチョットつらい(笑)
すると、たくさんじゃ無いんだけどポタポタポタと水が垂れてきてる!これじゃ水たまりになるはずだ。

どこか詰まったりしてるのかな?と説明書を引っ張り出してきて、全部ハズして隅々まで掃除して試してみるものの、水漏れは止まらず(泣)
これは壊れたなと判断して、修理するか買い替えるかの検討。修理にしても最低1万円位はいきそうだし、水回りものなので、これだけ年数を使ってれば寿命も近いのだろうということと、さらに使えない期間があるのもやだな…ということで買い替えることで決定! このINAXのシャワートイレ、長いこと活躍してくれました、ありがとさん。

となれば、機種選定ですな♪
まずは、昨今の「節電」の必要性から、今までの貯湯式をやめて瞬間式にすることに。Webでざっと価格を見てみると貯湯式より瞬間式は高いのかぁ。
長年活躍してくれて信頼感のあるINAXのが良いなって思ったんだけど、INAXの瞬間式温水洗浄便座は3万円近くしてしまうので、残念ながら断念して、2万円前後と安価に販売されている Panasonicビューティ・トワレDL-RE20-CP もしくは 東芝クリーンウォッシュSCS-S300にしようということに。

東芝 温水洗浄便座クリーンウォッシュ SCS-S300

INAXのと違ってノズルが2本あるわけじゃないけど、おしり洗浄の時はビデ用ノズルは隠れている仕組みなので、奥さんも納得。さらにノズルはステンレスで汚れにくく、さらに取り外して掃除できちゃうしイザとなれば交換できちゃうってのも良い。
今まで使ってるのと違って、壁リモコンで操作するタイプでなく、本体に操作ボタンが付いてるってところが違うかな。

Panasonic 温水洗浄便座ビューティ・トワレ DL-RE20-CP

こっちも、ステンレスノズルだけど、東芝のと違ってビデ用の部分が隠れてる訳ではないんだな。
ただ、こちらはリモコンがあるので、今までの感覚で使えて便利かも・・・でもどうせならINAXのように本体ボタンが無ければもっとスッキリするのに。

どちらも節電能力は良さそうだし、ノズルとリモコンの違いくらいで決め手に欠けるなぁ。ネットでどちらかを注文してしまおうと思ったんだけど、「できれば今日から使いたい」との声が(汗)
仕方なく、「多分ネットより高いと思うけど…」と言いつつ近所の電気屋さんへ。1件目では残念ながらどちらも在庫無し、高いのしかない(泣) ちょっと足を伸ばして2件目に。
東芝のSCS-S300はあったけど、Panasonicのは高価なタイプしか無かった・・・という訳で、選択の余地も無く、東芝クリーンウォッシュSCS-S300を買ってきた。表示価格は2万7千円台だったんだけど、チョット相談したら、ネット最安店と比べても1,500円程度しか差の無い額にしてもらえたのでありがたかった。

帰ってきて、INAXのを外して SCS-S300 を取り付けた。30分位で出来ちゃったので、取付も簡単になってるんだな…と。パーツの数もINAXのより少ない感じだった。
そして、試しに使ってみる・・・やっぱり貯湯式との違いはあった。お湯が出るまでのタイムラグが少し(数秒だけど)あるのと、お湯が最初の一瞬が少しだけ暖まりきっていないってのがあるな。
この辺、節電の方が経済的にも環境的にも重要だから全然大したことないけど、使い心地だけ考えれば貯湯式の方が良いのかもしれない。
でも、全体的に満足かな♪

sponsored link

down

コメントする






sponsored link